本文へスキップ
研究発表会(ミニペックス)

パソコン郵趣切手展2019

会期:2019年2月23日(土)〜2月24日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 パソコン郵趣研究会

主な展示作品
「フレーム切手のマイクロ文字」、「夫婦で楽しむ郵趣活動」、「水域の植物」、「農神セレスの横顔」、「フランス郵政発行の絵画切手」などを予定。
その他、研究会報の展示・紹介、会員による分譲品販売、展示作品収録CDの販売を予定。
※詳しい展示内容はこちら>>>



●2月23日(土)・2月24日(日)の2日間、小型印を使用予定。
上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。

第10回テーマティク研究会切手展

会期:2019年3月1日(金)〜3月3日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 テーマティク研究会

主な展示作品
メインテーマ「ドラクロワ」。「ドラクロワの生涯と芸術」、「芸術家たちの肖像史」、「花卉園芸」、「ワーグナーの生涯」などFIP世界展<THAILAND2018>出品の4作品ほか、「プリンツ・オイゲン」「障害者スポーツ」「チェコスロヴァキア亡命政府(1940-45)」「ツェッペリン飛行船」(JAPEX2018ベスト・オープン賞受賞) 「鳥類進化の研究史」などを予定。
その他、記念カード・記念カバーを制作・販売予定。展示作品批評会を開催予定(3月3日15:00〜17:00)

●3月1日(金)・3月2日(土)の2日間、小型印を使用予定。
上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。

菊・田沢MINIPEX2019

会期:2019年3月15日(金)〜3月17日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 菊・田沢切手研究会

主な展示作品
「菊切手」、「『支那』加刷大正白紙3銭」、「田沢旧大正毛紙(加刷)」、「震災切手の使用例」、「五重塔航空切手」、「価格表記-保険扱い-現金書留-書留封皮」などを予定。
その他、郵趣カンファレンス(3月16日(土) 15:00〜16:00、「菊切手の使用例」中世古誠氏)、展示作品解説、会員の重品即売などを予定。

【郵趣カンファレンス】
日 時:3月16日(土)15:00〜16:00
会 場:切手の博物館3階会議室B
テーマ:菊切手の使用例
スピーカー:中世古誠氏(菊・田沢切手研究会)
参加費:JPS会員は300円(受付時に会員証をご提示ください)、非会員500円
参加申込:会場入口受付にて直接、参加費をお支払いください。
     その際にレジュメをお渡しします。(先着順・最大40名)

※小型印の使用はありません。

世界の郵便はがき展

会期:2019年3月24日(日)〜3月27日(水) 10:30〜17:00
※3月24日(日)は13:00〜17:00、
3月25日(月)は休館
主催:郵便ステーショナリー研究会

これまで展示されることが少なかった「郵便ステーショナリー」にスポットを当て、国内外の貴重な アイテムを展示。クラシックアイテムの多様性、郵便上の位置づけなどを、解説資料とともに詳細に紹介します。


主な展示作品
「郵便ステーショナリーの種類」、「北欧諸国の郵便はがき」「ハワイ王国の郵便はがき」などを展示予定。 その他、展示品に関連のある私家版郵趣文献等も会場限定で販売予定。展示作品解説(随時)、郵趣コンサルティングも受付予定。

※小型印の使用はありません。

第11回聴覚障害者切手研究会切手展

会期:2019年3月30日(土)〜3月31日(日) 10:30〜17:00
主催:公益財団法人日本郵趣協会 聴覚障害者切手研究会

聴覚障害者切手研究会の活動成果である作品を展示することで、参観者の方々に聴覚障害へ「手話は言語」という啓発を行います。


主な展示作品
企画展示「山尾庸三没100年」(レプリカ)、「創立140年京都盲啞院」(レプリカ)、「前島密没後100年」、「ろうあ界の灯」、「障害者スポーツ」、「視覚障害」、「ドイツインフレ」などを予定。
その他、展示作品解説(随時)、フレーム切手(2種類)の販売予定、会員の重品等の販売予定。

●3月30日(土)・3月31日(日)の2日間、小型印を使用予定。
上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。
記念小型印申請原図

第3回映画・演劇人の手紙展

会期:2019年4月19日(金)〜4月21日(日) 10:30〜17:00
主催:玉木淳一氏

主な展示作品
「映画監督の手紙」「芸能人の年賀状」「映画・演劇人の手紙」「宝塚歌劇団退団者の挨拶状」「宝塚音楽学校生の挨拶状」のほか、これまで知られていなかった映画企画が書かれた巨匠・黒澤明監督の手紙も公開予定。
その他、展示作品解説(随時)を予定。

●4月19日(金)・4月20日(土)の2日間、小型印を使用予定。
上記2日間のみ使用される貴重な消印です。会場内の臨時出張所で、押印してもらえます。
記念小型印申請原図
記念小型印のご案内
  • 臨時出張所(日本郵便株式会社豊島郵便局):10:30〜17:00(13:00〜14:00は昼休み)
  • 郵頼:記念小型印の郵頼を希望される方は、〒170−8799 日本郵便(株)豊島郵便局宛に直接お申込みください
    ※豊島郵便局は郵頼のみの受付となり、窓口対応は行っておりません。会期中の記念押印は、臨時出張所をご利用ください。
▲ページのトップへもどる